FC2ブログ

ダブリングを作る会と修理

大会に備えて、ダブリングを作りました。
making.jpg
参加者はもっさん、トニ、16th、毎日中華キャピタル、アイスマスヤーオーナー通称アイマス、ちぃちゃん。はがは誠に残念ながら風邪で欠席でした。お大事に。
FLE(布ベーク)から4ペア、PEM(紙ベーク)から2ペアです。人数分ないのは残念としか言いようがありません。
キャピタル、16th、毎日中華、アイマスの4人は製作、ポールは造形大の学祭、後の人は作る会なのになぜか近所に投げに行き、好記録をマークして帰ってくる有様でした。
ダブリングは高度な技術を要するブーメランとはいえ、いいペアを何度も投げ込まないとなかなか点にむすびつかないので、早めに入手することをお勧めします。
今日製作をした人はなかなか見た目にも飛びそうないいものを作っていたと思います。

製作が一段落ついたあとは、ブーメランを修理する会でした。
ブーメランの修理は大きく分けて二つの段階に分かれます。
接着と、補強。
今回は接着を行いました。
補強はまた後日です。
以下、簡単な説明。
RIMG0116.jpg
机の上に道具を準備します。
RIMG0117.jpg
クイック5とタフボーイ。
RIMG0121.jpg
折れたブーメラン。
RIMG0122.jpg
メモを取る人(書記)
RIMG0124.jpg
Eセットは硬化時間が長いが、耐久性に優れる
RIMG0128.jpg
接着部分を固定する洗濯ばさみ。金属クリップの方が力が強いのでお勧め。
RIMG0131.jpg
折れた断面と表面の汚れを取る
RIMG0139.jpg
欠けたものはパテ盛り風に埋める。今日はしない。
RIMG0140.jpg
余った接着剤を拭き取る綿棒、
RIMG0141.jpg
細かなヒビの隙間まで接着剤を押し込む爪楊枝
RIMG0142.jpg
パテ盛りの時は、下にラップを引きます。ラップがしわにならないように注意。
RIMG0144.jpg
補強用アルミ板のサイズを決めるため、いらない紙をつかう
RIMG0145.jpg
巻き付けてみて、適宜修正
RIMG0146.jpg
接着前ならばセロテープなどで軽く固定するとやりやすい
RIMG0148.jpg
アルミ缶の内側に紙やすりをかけたもの
RIMG0149.jpg
ブーメランと補強用アルミをペアリングしておく
RIMG0150.jpg
アルミ板の上下表裏なども取り違えやすい
RIMG0151.jpg
パテ盛りに使うカーボンファイバー
RIMG0154.jpg
ペアリングされたアルミ
RIMG0167.jpg
クイック5のA,B剤を等量出す
RIMG0170.jpg
断面に塗る
RIMG0172.jpg
爪楊枝で奥まで塗る
RIMG0173.jpg
強い力で左右から押しつける
RIMG0174.jpg
洗濯ばさみで固定
RIMG0181.jpg
使わなかった綿棒
RIMG0185.jpg
手を洗う
RIMG0186.jpg
ブーメランを置いて乾かす
寝かせておいてもよいが翼が曲がって着くことを防ぐため、立てている。
洗濯ばさみが壁に触れているだけで、壁に立てかけてはいない。

theme : 健康が一番♪
genre : ライフ

comment

Secret

ダブリング削ります。

作る会なのに、ただ投げて、何も作らずに帰ってしまいました。ごめんなさい。

カタンを作る会になったら、あの二人を海賊にしてあげてください。

うへぇっ!( ̄□ ̄;)!!

トリックライドが折れてるぅっ!(οдО;)
とても手に入れたいブーメランのベスト3に入りますが未だ触った事もなく‥

私もベークのMTAが折れ、修理を試みたのですが はたして飛ぶかどぉか…
週末にテスト飛行です☆
プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード