FC2ブログ

ランボー怒りの下関観光

秋深き隣はなにをする人ぞ  芭蕉

……頼むから新幹線なんだからマクドは勘弁してくださいよ。
朝マックだからOKとか無いから。




ということで、昨年3月運行開始の「さくら」に乗って下関へ。
CIMG1378.jpg
九州新幹線。
CIMG1381.jpg
ちなみに前の駅は「厚狭」と書いて「あさ」。


新下関で在来線に乗り換え、下関駅。
思ったより国際的だった下関。
CIMG1386.jpg
「釜山門」なるものがあったり、

CIMG1387.jpg
ニュージーランド行きのバスがあったり。



駅前で山口県のガイドブックを手に入れて、まずはバスで唐戸市場へ。
CIMG1390.jpg

この日は朝から色々あって遣り場のない悲しみと怒りにうち震えてたので、かなり空腹。
せっかくなので市場内にある回転寿司でおなかを満たす。
開店前にはもう順番待ちだけで満席になるぐらいの店だった。
ひとりじゃなきゃ入れなかったかもしれないぐらいね。

次いで、かの有名な巌流島へ。
CIMG1397.jpg
関門大橋を背中に。

基本的に乗り物にあまり強くないので、仕方なく2階席のお姉ちゃんのパンチラに集中することでその場をやりすごす。
(画像はありません。)

CIMG1404.jpg

三菱の造船所を横目に、

CIMG1415.jpg

上陸。

もはや説明不要の剣豪・宮本武蔵
325d6ff4.jpg

「物干し竿」の異名をとる長尺の剣を扱う巌流佐々木小次郎との対決に
Fumio_Fujimura_1948.jpg

船の櫂を削った木刀を用意して見事勝利したという。
負けた方の小次郎の名前をとって「巌流島」とするあたりがなんか素敵ですよね。

せっかくなので投げてみた。
CIMG1419.jpg

ちなみに往復400円。

まだまだ観光は続くのです。次はこの建物へ。
CIMG1425.jpg




下関市立しものせき水族館「海響館」へ。
CIMG1432.jpg

ひとり水族館。
CIMG1435.jpg
CIMG1441.jpg
CIMG1446.jpg
CIMG1452.jpg
CIMG1465.jpg
CIMG1468.jpg

さすが下関、ふぐの展示が実によかった。
朝から色々あってすさんでいた心を癒してくれた。

他にもアザラシのキスとか
CIMG1484.jpg

鯨の骨とか
CIMG1469.jpg

シーラカンスとか
CIMG1487.jpg

くらげとか。
CIMG1488.jpg

ペンギンとか。
CIMG1495.jpg

ペンギンは屋外にもいた。
CIMG1498.jpg

ひとりイルカ&アザラシショー。
イルカとアザラシのキス。
CIMG1511.jpg

CIMG1514.jpg
CIMG1515.jpg


まだまだ続きます。
下関戦争発端の地であり、そこから四カ国艦隊下関砲撃事件を経て尊皇攘夷から倒幕、明治維新へと日本が歩むきっかけとなった地・亀山八幡宮
CIMG1517.jpg

近くには「床屋発祥の地」も。
CIMG1518.jpg

日本史でおなじみの下関条約締結の地、日清講和記念館
CIMG1519.jpg

CIMG1521.jpg
CIMG1522.jpg


まだまだ。
関門海峡に来て源平合戦に触れないわけがない。
衝撃のラストとか色々批判はあるが大河ドラマ「義経」は面白かったと思う。
「平清盛」はみてない。

ということで赤間神宮
CIMG1523.jpg

隣には安徳天皇陵。
CIMG1524.jpg

耳なし芳一はこの神社の話らしい。初耳。
CIMG1528.jpg

併設の資料館なんかも経由して、いよいよここら辺ではやることが無くなった。
というか、車なしで山口に挑むことの限界を感じた。バスも嫌い。

なので歩く。
CIMG1530.jpg

歩く。
CIMG1531.jpg
右は平知盛。
49853_200904271437144830_1.jpg
「見るべきほどのことは見つ」と自決した阿部寛。かっこいい。

歩いて、
CIMG1532.jpg

歩いて、
CIMG1533.jpg

歩いて、
CIMG1534.jpg

反対側へ。本州脱出。
CIMG1535.jpg

レトロなトロッコに乗り、
CIMG1542.jpg
CIMG1543.jpg

門司駅へ。
CIMG1547.jpg

そして日本の若きエース・本田健嗣さんのところへ。
CIMG1562.jpg

ちゃんと大道芸やってるところを見るのは初めてだったけど、いやー、すごい
ああ、こりゃブーメランも上手いわ、と思わざるを得ない感じ。
ヨーヨーは有名だけども、他にもあんなことやこんなことも……
ぜひぜひ一度は生で見ることをオススメしますよー

そしてブーメラン談義をしつつ、門司名物焼きカレーを奢って頂いた。
CIMG1578.jpg

世界と日本の差、これからの日本代表、「く」の将来、チューニングの考え方など、色々。

うーん、ブーメランは深い。深い。

僕に本田さんほどの情熱があれば、また色々違ったんだろなぁ。
そんなことを考えながら、鈍行で門司から防府へ2時間半。

theme : 一人旅
genre : 旅行

comment

Secret

No title

ジャンルのひねりの無さが怒りを端的に表しつつ、いい旅をしてるなあ。

No title

いい旅だったと思いますよ、ほんとに。
こういうきっかけでもなきゃそうそう訪れるところじゃないですし。
プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード