FC2ブログ

団体戦二日目【世界大会inPerth2014その2】

続きまして二日目の記事を書きます。
本日のメニューは
・オージー
・リレー
・スーパーキャッチ
・MTA
(・エンデュランス)
でした。

最初はオージー。
初日は前述の睡眠不足で疲れてほとんど何も出来なかった(本人談)マサさんが一日明けて復活
そのマサさんが復活の証として65点を取りました!!!
しかし同じペアの僕が全キャッチしたにも関わらずアキュラシー点が0で40点。(言い訳:もうちょっと風が欲しかった)
チーム全体では8位タイでした。

次にリレー。
Rad Evolutionとの対戦でしたが
なんと勝利!!!
我々は1組目でしたが、そのあとはどんどん風が強くなり、結局Nothern Starsは4位を取りました!
自分が出ていなかったにも関わらずあそこまで喜んだのは本当に久しぶりのことでした。
こんなことを言うのもあれですが、この時やっとチームが一つになったような気がしたとともにこういう喜びこそが団体戦の醍醐味であってそれは国ごとのチームであろうと国際チームであろうと関係ないのだな、と実感しました。

このまま波に乗ってスーパーキャッチも上手くいくかと思いきや世の中はそう甘くなく、引き続き風も強かったのでMTAをキャッチしたのは僕と天野さんのみで、その間のFCもそんなに稼げませんでした。
侍は、近藤さんがマヌを超えて非常に喜んでいたのを覚えています。

そしてチームMTA。
この頃には風が穏やかになり始め、チーム平均としてはおそらく25秒弱で、僕は23秒でした。(自己ベスト更新)
同じグループの近藤さんが2枚翼を投げて42秒を出していました。武富さんは43秒だったようです。

さて、MTAが終了した時点で5時をゆうに過ぎていました。日没はおよそ6時です。
果たして日没までにエンデュランスを出来るでしょうか?
天野さん「ルールブックに終了時刻が5時半を超えそうならやらないって書いてるしやらへんでしょ。てか早くカイリーの練習がしたいし。」
初日も同じ理由でトリックはやりませんでした。

しかしなぜかやることに。
天野さん「いやいやさすがにジョークでしょ。え、ホンマに言うてんの?」
そして競技はスタート。微妙な風が吹いて一組目であるNorthern Starsはボロボロ。(僕は1キャッチでした。笑えへん)
その後二組目、三組目とやっていったわけですが、案の定だんだん暗くなっていき、我々のサークルが終わった頃にはブーメランが見づらい状態となっていました。

そしてテントに戻ると
「暗すぎるから中止。」
とのこと。

キレる天野さん。
DVC00011.jpg

「だから言うたやん!皆分かってたやん!ほんまそういうジョークいいから!何でやってん!やってから中止とかそんなひどい釣りあるかよ!てか俺のカイリーの練習時間を返せ!」

2日目は日本人が比較的健闘したこともあって順位を11位に上げました。侍は引き続き1位です。
明日は最終日、頑張っていきましょう!
世界大会パース団体戦二日目

theme : 釣り・フィッシング
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

RADに勝ったのは素直に凄いな。
100回やれば95回は負けるんやろうけど、勝ったもん勝ちや。

No title

風のある中で、より速いタイムが見込めるものと見込めないものの差かな。
弱者が強者に勝てるとしたら、シンプルに行動した時かつ、相手に隙があった時。
プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード