FC2ブログ

パースぶらり旅の法則・その1

世界一住みたい町かつ世界一孤立した都市、パース。
今回も、世界大会の競技がない日には、選手ほぼ全員で
観光に出かけたりするわけです。

が、あえてそのようなパッケージツアーとは一線を画した、
実践的パース散策知識を皆さんに覚えて頂こうと思う。

一つだけ言える真理がある。パース民は緑に染まれ。

- amn a.k.a. JK


バス標
"22000"

これが、バス停です。
というか、バス標。

「緑と黒の間の青い部分に、ハイルバスって書いてありますよ。」
「‥何なんだろうな。」



時刻表
駅のバスのりばにある時刻表です。結構な頻度でバスがある。

ちなみに、電車もバスも、同じ系列です。
というかパースには公共交通機関が一つしかない。
電車、バスからフェリーまで、すべてはTransPerthにおまかせです。
TransPerthで行けないところはないです。
そんなところはパースじゃない。パース=TransPerth。
ここ試験出るよ。

スターリングガーデン
パース駅を出て、そのまま南に進むと見えてくるきれいな公園が、Stirling Gardens。
通り沿いにありながら驚くほどの安らぎを与えてくれます。

ガーデンの敷地内を巡っていると、不意に現れるのが、高等裁判所。
そばにはパース最古の建物を利用した法律博物館と法律図書館もあります。
高等裁判所


コンビニ@パース
パース市内のスーパーで買物を終えた後、
ふたたび駅に戻る途中に見つけたコンビニ。
パースの物価は相当高いです。
その中でもコンビニで買うとやたら高い。
600mlのペットボトルが3.5$とか。
旅行者は間違っても青い(緑色じゃない)コンビニには入ってはいけません。



電車のMidland線に乗り、East Guildford Stationの北口を出ると、
すぐ目の前が今回の会場、Guildford Grammar Schoolです。
直線距離100mぐらいか。

未だかつてこんなに駅から近いフィールドはなかった。
芝も程よく生えており、何よりフラットなのがいい。
フィールド全景

だだっ広いフィールドで、あるかどうかまだよくわからないカイリーの練習をしました。
カイリーLD
カイリーLDの練習。記録100メートル30センチ(かなたに見える青い粒が、投げた本人)。

フィールドの近くでディナーを食べたあと、
宿舎に戻って、片道2kmを歩いてスーパーまで買い出し。
ウールワースビーチボロ
赤字にの下線が目印の、WOOLWORTHSという最大手のスーパーマーケット。
30分程かかってかなりしんどかったですが、生肉を買ったり、ジンジャービア(ちょっと大人の味)を買ったり、ちょっと冒険も楽しみました。
安めのものを買ってたら、半分ぐらいPB商品でした。さもありなん。

この日の歩行距離は13キロほどでした。
続いて団体戦3日目の様子をお楽しみ下さい!!

theme : 付録つき雑誌*
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード