FC2ブログ

団体戦三日目【世界大会inPerth2014その3】

昨日あまりにも疲れすぎてブログを書く元気がありませんでした。

ではでは、団体戦三日目の記事です。

最終日のメニューは

・リレー
・スーパーキャッチ
・オージー
・トリック
・エンデュランス

の5つでした。

始めのリレー。
「取り敢えずキャッチしよう」と練習中に強く確認した結果、見事本番でもノードロップノーショートで終えました。対戦相手が侍だったこともあり我々は合宿のような気楽な気持ちで投げられました。侍には負けたものの、Northern Starsは2分30秒と、彼らと10秒差で総合順位としても順調な滑り出しでした。
(練習中ショートを出してた僕は内心ヒヤヒヤしていましたが。)

続いてスーパーキャッチ。
これまた「取り敢えずキャッチしよう」を目標に我々はセーフティな投げをしてついに4人共MTAのキャッチに成功!
すごく気分のいい状態で昼休憩を挟みます。

昼からのオージーは風向きも風の強さもコロコロ変わりました。
僕とマサさんのペアは大変苦戦して、マサさんは2キャッチ16点、僕は1キャッチ13点という酷いスコアを叩き出してしまいました。

続いてのトリックの頃には少し穏やかになり始めました。
が、一組目が終わった当たりにダブリング禁止の基準値を超える風が吹いてシングルのみに。
僕と天野さんが三組目でした。僕は右片手を落としそこで完全に集中が切れ、途中トンネルや片手背中などを取るも15点。足キャッチの時にブーメランを折ってしまいました。
Broken Trick
1回生の夏以降、濱口さんにもらって以来ずっと苦楽を共にした5枚翼がご臨終されました。
一方天野さんはきっちり前半をメインにとって27点。

さてさて、トリックが終了し時間は5時頃になっていたことでしょう。
残るは2日目キャンセルしたエンデュランス。
それを考慮するとはじめからやらないのが普通。
あー午後はアカンかったなーと思いつつ片付け始めていたところ、
「やる」
とのこと。
天野さん「いやもういいって。分かったから。」

しかしそんなことを言ってる内にテントに残っているのはNorthern Starsのみ。
天野さん「うん。知ってるよ。この予定調和感。やるんやろ、そんで最終組やる前に日が暮れて中止なんやろ。全部分かってるから。」

そんな我々は4組目(最後から二番目)

Dreckhecken(ドイツOlderおじさんたち)、Motions(ギュンター、フリドといった中にブラジル人の混ざったチーム)の優秀なプレイ。彼らは風がそこそこ吹いている中風を感じさせないようなファストキャッチを見せてくれました。
そして我々。中途半端な風用のファストキャッチを持っていない僕はG4を練習中に投げる傍ら風がやんだ時用にG3の確認もしていました。
そして本番スタート。僕は第二走者でしたが、
その時風が急にやみました。
まさか自分でもG3が役に立つとは思わなかったです。
調子が良かったので第五走者もやることに。残り25秒で4キャッチしました。
他のメンバーもほとんどドロップせす、最高に気持ち良い終りを迎えました。

そして最終結果です。
なんと総合優勝を果たしました!!!

最後にNorthern Starsと侍の写真を。団体戦お疲れ様でした!
Northern Stars
(メンバー紹介を忘れていました。左からマサさん、天野さん、立花、ヤン、アンディ、ステファン。)
侍
(言わずもがなですが、左からトギーさん、武富さん、本田さん、近藤さん、米谷さん、濱口さん。)
Special Thanks
この団体戦では、チームメイト、侍のみならず、飯塚さんのお母さん方にもお世話になりました。
写真はありませんが、ここで謝意を示させてもらいます。
飯塚絹子さん、山本康子さん、岩沢美禰子さん
の3人です。毎日朝食を作っていただき、大会中には果物や糖分などを持ってきていただき大変助かりました。
皆さん本当にありがとうございました!

theme : チームプレイ
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

お疲れ様でございやした。
いい写真やね。

No title

おつかれおめでとう!

No title

ありがとうございます。国際チームは楽しかったです!
プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード