FC2ブログ

競技の説明

新入生も時々このブログを見てくれているかもしれないので、この機会に競技ブーメランについて説明します。
ブログを読む際の補足になればと思います。


まず個人戦は国内・国際大会共に6種目です。
・アキュラシー(Accuracy)
 簡単に言うと、どれだけ自分の近くにブーメランを返せるか、という競技です。この競技は唯一ブーメランをキャッチしません。1投の最高点が10点で10投します。
・ファストキャッチ(Fast Catch)
 ブーメランを5回投げてキャッチするのをどれだけ早くできるか、という競技です。5回キャッチできなくてもはじめに投げてから1分経つと競技は終了になります。
・エンデュランス(Endurance)
 こちらは5分間の間にブーメランを何回キャッチできるか、という競技です。ファストキャッチと性質は似ています。
・オーストラリアンラウンド、オージーラウンド(Aussie Round)
 飛距離点(30,40,50m)、キャッチ点、アキュラシー点の総合点を競います。1投の最高点が20点で5投します。
・トリックキャッチ、ダブリング
 片手キャッチ、足キャッチなど難しいキャッチをすることで得点を得る競技です。トリックキャッチ、ダブリングともに50点満点で合計を競います。ダブリングとは一度に二つのブーメランを投げそれぞれでトリックキャッチを行います。トリックキャッチ・ダブリング共にノーミスならミスするまで何周もできるので100点を超えることもしばしば。
・MTA(Maximum Time Aloft)
 ブーメランの滞空時間を競う競技です。5回チャンスがあって、その中のベストスコアが記録になります。


次に団体戦です。1チームにつき選手は4人以上6人以下と決められています。いずれの競技も4人で行います。
・チームアキュラシー
 ルールはアキュラシーと一緒ですが、チームメイトとペアになって2人で3秒以内に投げます。二組四人の合計点(満点200)を競います。
・チームオージー
 チームアキュラシーと同様、ペアで5秒以内に投げるオージーラウンドです。二組四人の合計点(満点200)を競います。
・チームトリック
 こちらもペアで行いますが個人戦と変わらず一人ずつ投げます。二組四人の合計点を競います。
・チームMTA
 4人のMTAの合計タイムを競います。
・チームスーパーキャッチ
 4人の内、一人がMTAを投げ、それが飛んでいる間残りの3人がファストキャッチを行います。一人ずつ順番にMTAを投げ合計キャッチ数を競います。MTAを落とすとその時のファストキャッチ含めキャッチが無効(0回)になります。
・チーム30mリレー
 スタート地点から投げる場所(30m)まで走り、ブーメランを投げてキャッチして、スタート地点へ戻る。これを4人のリレーで2周する時間を競います。
動画

・チームエンデュランス
 それぞれ持ち時間1分のエンデュランスを4人で上限5分のリレー形式で行います。自分のターンが終わり20m先のスタート地点に戻り次の人にバトンタッチするまでの間は持ち時間の内に入らず、残りの1分弱は第4走者以外の人が行います。
動画


こんなところでしょうか。各種目それぞれ細かな制限はありますが、今回は割愛しました。
興味があればクスノキ下でブーメランの看板を持った人かブーメランを投げてる人に声をかけてみてください!

comment

Secret

プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード