FC2ブログ

大会を終えて。

どうも、今回の大会を取り仕切らせていただきました、大会係のカゲミツです。

経験の無さもさることながら不精な性格がたたり、様々なところに不備があり皆様には多大な迷惑をかけたかと思います。

準備段階では大会の開催場所決定が遅れたり、会場の場所やアクセスが分かりにくかったりなどありました。

何より、会報を送付できず全国の会員の方々に十分な告知が出来ませんでした。
この場を借りてお詫びさせていただきます。申し訳ありませんでした。

当日も草刈りをして頂いたり、盾をお渡しできなかったりと様々ありましたが、何とか2日間終えることが出来ました。
選手の皆様本当にありがとうございました。

今後に向けて何か意見や提言、苦情などありましたらどしどしお寄せください。
それを次につなげられればと思います。

以上、会長以下サークル員一同を代表して。


ここからは個人的なことをば少し。

結果はまあひどいものです。
もし自分の成長を期待されてる方がいたのなら、それはもうがっかりされたことだと思います。
俺だったらもう「コイツはもうだめだ、ただのバカだったな」と見切りをつけるでしょう。
MTAが偶発的にできた以外は何一つ成長していません。
ファストキャッチは大会初参加だった去年の秋と同じ3キャッチ、アキュラシーやオージーに至ってはそれをも下回る結果でした。
ただ、きっとこんなもんになるだろうというのは自分で容易に想像できたことです。

なんせ、前回大会が終わってこの大会の準備に取りかかって以来ずっと、この大会が終わったらサークルもブーメランも辞めよう、と決めてましたから。
そもそも大会を主催する、というのが自分の意に反することでした。面倒だし自信も無いし。
とはいえ主催の是非を問うミーティングに出席しなかった自分に不満を漏らしていい道理なんぞ一かけらもなく、黙々と雑務をこなしてきました。

今思えば、この時点でサークルを辞めるか、少なくとも他の人に大会のことを任せるべきだったかな。
何とか他の人には迷惑をかけずにやり切ろうとはしてましたが、そんな精神性で運営してりゃそりゃ色々不備も出そうなもんで。

サークルの掛け持ちのことは去年からずっと考えてきました。
掛け持ちをするからには、他のサークルやバイト等の個人的な事情を持ち込むべきではないし、そのことでサークルの人に負担や迷惑をかけてはならない、というのが持論ですし、当然のことかと思います。

が、春からの行動を省みると、残念ながらどうやら自分にそれだけの容量はなかったようです。
だったら早いうちに辞めたらいいんでないか。
そうは言っても、自分が今辞めてしまう方が迷惑かけるんじゃないかなとか、ウダウダしているうちにタイミングを失い、結局両方ともに迷惑をかけ続けながら今の今までズルズルと。
会報の不発行も、向こうのサークルの用事で家をしばらく空けたがために起こったことです。

腐る要因は色々ありました。最後には自分の狭量さに行き着くことばかりですが。


辞めようと決めたらそりゃ練習もしなければ作りもしません。
一応全体練習には幾つか参加しましたが、それも副会長として、責任回生として、サークルの一員としての義務感から参加するばかりでした。
そんな練習でどこがどう成長する?
だいたい目指す先もないのに何を練習しろと?
ロストしても適当にしか探さない。
壊してもそのまま。
買う金もなければ作る気力もない。
ひどいもんだ。


そうして何とか当日まで漕ぎ着けた。
ああ、これでやっと終わるんだ、終われるんだ。そう思えるはずだった。

いや、でも、何か違う。
実際、大会の雰囲気は好きだし、うまい人がブーメランを投げるのを見るのは楽しいし、広い場所で投げる投げるブーメランには爽快感がある。


で、何より、悔しい。
何であれ、勝負事には負けたくない。
少しでも上を目指したい。
まだそう思える自分が居たらしい。
武富さんに「ローマに行くんじゃなかったのかよ」と言われたときなんかもう泣きそうだった。情けなくて。
ローマに行くような人間が無様にブーメラン追っかけて走り回ったりするか。
ましてや地面に這いつくばるなんてことがあるか。


もう少し頑張ってみよう。
ブーメランは裏切らないか。投げる側が一度裏切ったけどどうだろうか。
また戻ってきてくれるんだろうか。


前にもこんな、よどんだ青臭い決意表明を書いた気がする。
こいつのやっかいな所は、二枚舌の厚顔無恥。
平気でうそをつく。有言不実行。
それは俺が一番よく分かってるはずなんだけどな。


theme : 咳をしなくても独り
genre : 心と身体

comment

Secret

プロフィール

く

Author:く
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード